大きな海の中で、枠に入ったままの青い魚
NAYヨガスクール体験記 44
                     小林和之
直線上に配置



 先日、久しぶりに、教室へお伺いした。
慣れ親しんだ(東)新宿の教室が、西新宿へ移転されるというので、
あわてて、集中レッスン・セミナーに参加したのだ。

この日がレッスンの最終日であった。
19才の日に始めて訪れてから、
青春と言っていい時代を共にした(東新宿)教室

やがて結婚し、子どもも生まれ、しだいに、足は遠のいていたけれど、
27年あまり、(東)新宿教室へ通ったことになる。

教室は、僕にとって特別な場所だ。



 景代先生は、しばらくぶりに訪れた僕に

「あなたはいつも寝ていたわね」

と、笑いながら話されていた。


その通りだった。

恥ずかしくもあり、
また、大変失礼な話だが、
僕は、教室へ通い慣れた頃から、
敷きつめられたカーペットの上で、よく、横になっていた。

ヨガのレッスン自体はしていた(と思う)が、
景代先生のお話の時間になると、
ごろんと猫のように横になり、
寝ていたのだ。


反抗していたわけでも、
ふてくされていたわけでもなく、
それが心地よく、
また当時の教室は、
そんな空気感でもあった。


けれど、
僕はただ眠っていたわけではなく、
景代先生のお話は聞いていた。

頭を使うのが好きではなく、
基本的に人付き合いの苦手な僕は、
ある頃から、理屈で考えて導き出されていく会話を信じなくなった。

みんな嘘つきで、
ほんとうに大切なものを知らない。

もしくは、
言葉は上滑り、
誰もほんとうのことを言えない。

そんな思いに囚われていたからだ。

もしかしたらそれは、
永遠の少年特有の感覚だったのかもしれない。

その姿勢の半分は、
おそらく自分のことを棚に上げた、
子どもじみた身の程知らずな考えだけれど、
たぶん、
もう半分は、その通りで、
僕はといえば、極端な言い方をすれば、
ものの善し悪しを
音でしか聞き分けなくなっていた。


 つまり、
景代先生の声とお話は、
僕にはちょうどよい音であり、
響きであった。

難しい理屈はわからなくとも、
音に宿る本質の姿を、
こころの根に水を与えるように、
受け入れ、
聞いていたのだ。


どんなに取り繕っても、
美辞麗句で飾り立てても、
音だけは、
誤摩化しが効かない。

「すべては波動です」と、
先生の本にもあるように、
ものの本質は響きに宿るのだと思う。


 一度、誰の声も聞こえなくなったことがある。

これは誰のせいでもなく、ときおりおこった。

わけの分からない不安感とともに、
耳の奥がシーンとして、
急に他人の世界にいるような、
この世に自分がひとりぼっちだと思うそんなとき、
教室にいて、
景代先生の声だけが聞こえたことがある。


僕は、
「そうなのか」と、
そのとき思い、
同時に、
いつからかその理由は、
知っていた。


「ああ、そうか、
景代先生は、僕よりもっと深い孤独の淵を知っているのだろう、
何ゆえか、そこまで降りていった人なのだろう」と。


僕は、そう思い、理解していた。

この部分は、
NAYのヨガの本質的なものではないかと、
これもまた勝手にそう思っている。


 僕は、マッチョも、
勝ち組の理屈も、
力がものを言うこの世の法則上、
スタンダードになっていくのを理解するが、
一方で「それだけでは足りない」と思う。


何も自分のことを正義の味方や、
心根のきれいな人間と思っているわけでもない。

人間本来のスタンダードと違うと感じているだけだ。

個人においても組織であっても、
より豊かにモチベーション高く生きていくためには、
その思想だけではほんとうは弱いのだろう。

景代先生の本に並び、
繰り返し読むことが多いのは、
坂口安吾の作品だ。

こころに沁み入るような音を持っているから。


*〜・〜・〜・〜*〜・〜・〜・〜*〜・〜・〜・〜*〜・〜・〜・〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ※追記



寝ころんで、脱力してくつろぐことも、
NAYヨガスクールのヨガにとって、たいせつなレッスンです。

それで、ご要望におこたえして、
内藤景代の〔声〕が誘導する
「寝る姿勢で瞑想・5種類」のCDも作成しました。

あお向けに寝ころんで、
くつろぎ、脱力してリラックスし、
内藤景代の〔声〕の誘導にしたがって、
瞑想する、「寝る姿勢で瞑想・5種類」CDは、
『くつろぎの瞑想(冥想)』です。こちらへ


和之さんの場合は、
「横向きに、寝ころんで」
頭を内藤景代のほうにむけ、縦(|)になり、
手と足は軽く曲げて、
「羊水のなかでただよう、胎児のよう」な姿勢で、
内藤景代のお話を聞いていました。
数年間、いつも・・・。

「あお向けに寝ころぶ姿勢」で、
わたしの正面で話をきくのは、
和之さんによれば、「さすがに、これでも遠慮した」そうです・・。

「音(おと)」や波動を、全身できいていらしたのか…
その奥にあるものも…
と、今回、言葉になさったものを読んで、
(やはり…)と、わかりました。

   15.1.2    内藤景代・記


**********************************************

◎内藤景代の〔声〕が誘導する
寝る姿勢で瞑想・5種類」のCD
『くつろぎの瞑想(冥想)』
の内容は、以下です。 ↓↓↓↓こちらへ

http://yogacd.1ne.cc/

内藤景代の「声」の瞑想CDで、心から く・つ・ろ・ぐ! 


★内藤景代の声が誘導する「冥想(瞑想)法」5種

@リラックス法(脱力の方法)

A自律訓練法        

B気を全身にめぐらす冥想(瞑想)法(大周天)

Cカルマ浄化冥想(瞑想)法     

D体から意識を分離する冥想(瞑想)法(内観法)  


NAYヨガスクールで通信販売しています。
無休です。こちらへ


NAYヨガスクール・記



**********************************************


※※
〔永遠の少年〕とは、ユング心理学の概念です。
「少年らしい魅力を持ってはいるが、
 現実と向き合っていくことができず、
 大人になりきれない人間像。
 芸術家などに多い、【元型】的なタイプ」

女性の場合は、〔永遠の少女・乙女〕。
〔永遠の少年〕についてくわしく書いた本は下記です。


BIG ME     こころの宇宙の座標軸』

 内藤 景代・著 復刊版・NAYヨガスクール刊 こちらへ

  ◎通販でお求めになれます。こちらへ


*〜・〜・〜・〜*〜・〜・〜・〜*〜・〜・〜・〜*〜・〜・〜・〜


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       
 NAY SPIRIT IS BODY TRIP& MIND TRIP to SOUL in HEART   since1976  

NAYヨガスクールのポリシー(創立理念) NAY SPIRIT IS BODY TRIP & MIND TRIP to SOUL in HEART  こちらへ  



≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

和之さんさん以外の「9人のかたのNAYヨガスクール■体験記■」は、こちらへ

≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫


NAYヨガスクール(内藤景代 Naito Akiyo主宰)   since1976


                 ←前へ    次へ

                                                  

  NAYヨガスクール