マッカーサー上陸モニュメント     (フィリピン   レイテ島)
       
1944年10月20日、マッカーサー率いるアメリカ軍部隊は
ここレイテ 湾に上陸しフィリピン奪回を目指しました。

このモニュメントの原型である
マッカーサーがレイテ島に上陸する歴史的な写真は、
上陸当日に撮影された ものではなく、
フィリピン奪還のシンボル、アピールとしての映像効果が大 きいと判断し、
上陸翌日にあえて再現し撮影させたとのこと。

「私は戻ってく る (I shall retuen)」という有名な言葉を残して。

一大決戦の最中においても、先を見据えた広報戦略に力を入れていた
アメ リカの圧倒的な力を感じたモニュメントでした。
※追記:[フィリピン奪回]とは? →だれから奪回?→→日本軍から奪回  
↓↓↓↓
【1944年から1945年のフィリピンの戦いは、
第二次世界大戦後期において、フィリピン奪回を目指す連合国軍と、
防衛する日本軍との間で行われた戦闘】    Wikiウィキペディアより

※追記:マッカーサー元帥は、敗戦後の日本を占領したアメリカ軍の司令官
「戦前の日本人の精神年齢は12歳」と語ったことで有名。
そのお話と日本人を分析した『菊と刀』というベストセラー本のお話は こちらへ
http://www.bigme.jp/000-000-03-04/03-04-10/03-04-10.htm       NAYヨガスクール記


↑パロ海岸にあるマッカーサーの上陸モニュメント

NAYヨガスクール 「猫の集会」トップへ    NAYヨガスクール